血流への影響のある高血圧に血圧を正常域に保つ治療

高血圧は血圧が高い状態が通常となってしまっている疾患であり、血圧検査を行ってみてようやく気づくことになるというのが典型的です。血圧が高いというだけでは自覚症状が出ないことが多く、他の合併症が出て重篤な状況になってしまうまで放置されることも少なくありません。高血圧になると血管壁に常に負担がかかっている状況になることから、血管壁が肥厚していきやすく、特に動脈は厚く脆い血管に変化していってしまいます。それが動脈硬化であり、その状態でさらに強い圧力がかかったり、血流の変化の刺激を受けたりして血管が破れてしまったり、細くなった血管に血栓ができて血流が滞ってしまったりします。それが脳で起これば脳梗塞や脳出血となり、死にも至るような疾患につながってしまうリスクがあるのが高血圧です。血圧を正常に保ち、血管が飛行することなく、血流が安定している状況を保つことができれば動脈硬化やそれに伴う合併症を予防することが可能になります。そのため、高血圧の治療においては原因となっている基礎疾患の治療や生活習慣の改善を行うとともに、血圧を薬によって正常域に戻すということも重要視されます。基礎疾患がなく、生活習慣病としての高血圧の場合には、まずは薬は使わずに生活習慣の改善によって血圧が正常域に戻っていくかの経過観察を行います。しかし、すぐに改善が見られてくる様子がなく、長期戦になることが見込まれた場合には速やかに薬の投与が開始されて、合併症の予防が行われるというのが一般的な治療の進められ方です。基礎疾患がある場合にはその治療にどの程度の期間がかかるかで薬を使用するかが判断されるのが一般的であり、必要に応じて薬が処方されます。