生活習慣病である高血圧を予防する方法

高血圧は生活習慣病とも呼ばれていて、普段の生活の積み重ねによって起きる病気だと言われています。高血圧になる原因は、塩分の摂りすぎや運動不足、肥満、ストレス、過労などがあります。患者数は全国で4000万人を超えていると言われていて、国民病とも呼ばれるほど多くの患者がいます。高血圧を予防するには、どのような生活習慣を行えばいいのでしょうか。
高血圧の治療は、投薬治療と共に食事の習慣の改善が行われます。塩分を摂取しすぎると血管内の血液が増え、血圧が上がり心臓にも負担がかかります。そのため、塩分を控えた食生活をするように指導されます。現在では生活習慣病という認識が大きいため、スーパーなどでも減塩を謳った商品が多く販売されています。減塩を行いながら、減塩だけでは限界がある場合には、余分な塩分を排出する作用のあるカリウムを多く含んだ食品を摂取することで高血圧予防につながります。暴飲暴食やアルコールの摂取を控えるようにしましょう。また、運動を行うことも高血圧の予防となります。少し血圧が高いな、という場合でも、適度な運動を行うことで血圧が下がることもあります。過度な負荷のかかる運動ではなく、ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動を無理のない程度に行うようにします。さらにストレスのたまる生活も、高血圧の原因になると言われています。適度な運動はストレス解消の役目や、肥満の解消にも繋がります。ストレスをためないようにしながら、夜ふかしをせずにしっかりと睡眠をとったり、喫煙をやめることも併せて行って行きましょう。
高血圧の予防と改善には、塩分の少ない食生活と規則正しい生活、ストレスのない毎日を送ることが重要です。