高血圧症(サイレントキラー)とは

高血圧症は、高血圧が続いている状態を指します。
最高血圧140mmHg以上、もしくは最低血圧90mmHg以上の血圧値が安静時に確認された場合に、高血圧と判断されます。
高血圧症はこの状態がずっと続く病気で、自覚症状が出にくいためにサイレントキラーとも呼ばれています。
知らないうちに健康を害してしまう危険性があります。心臓の血管の内壁に常に強い力がかかるため、負担がかかります。
これを放置してしまうと、最悪の場合は死に至ることもあります。
自覚症状があれば良いのですが、それがほとんどないために、検診を受けたらかなり症状が進んでいたというケースも少なくありません。
日本人は、高血圧症の患者が非常に多いと言われています。患者数は約780万人を超えています。
高血圧を放置してしまうと、動脈硬化、心臓病、脳卒中などを引き起こす恐れもあります。
動脈硬化は血管に強い力がかかり続けた結果、その圧力に負けないように血管が硬くなってしまう疾患です。
加齢によって動脈硬化のリスクは上がりますが、子供でも塩分の過剰摂取などの生活習慣が原因で症状が起きてしまうことがあります。
子供の血管は高齢者に比べて柔軟で再生力が高いので被害が出にくいですが、極端な塩分摂取が続いていると、健康被害が起こることもあります。
患者の90%以上は、原因がはっきりわからない本態性(ほんたいせい)の症状です。
これに対して、他の疾患が原因だと特定できる高血圧は、二次性(症候性)と呼ばれています。
自覚症状がないのも怖いですが、健診で見つかってもめんどくさくて放置してしまう患者も多いです。
自覚症状がなくても病気が進行している可能性は高いので、十分注意する必要があります。

高血圧症が引き起こす大病

高血圧症は発症したからいきなり死に至るというようなものではありません。
このことは広く知られていることであるため、健康診断で高血圧気味だと指摘されても「気にする必要はない」というような判断をしてしまう原因にもなっています。
確かに軽度の高血圧であれば放置していてもそこまで問題が出ることは無いのですが、しかしながら悪化していく中で放置をしてしまうということになると、高血圧が大病を引き起こし、最悪死に至るリスクすら出てきてしまうのです。
では高血圧がどういった病気を引き起こすのかと言うと、最も警戒するべきとなるのは動脈硬化からの脳梗塞・心筋梗塞です。
動脈硬化とは全身に走っている動脈が圧力の高い血液を受け続けることによって劣化していくことで引き起こされる病気であり、これが悪化していくと動脈の中に血栓と呼ばれる血液のかさぶたができるようになります。
このかさぶたがあるだけでも高血圧はさらに悪化していくことになるのですが、このかさぶたが剥がれおちたうえで動脈の流れに乗り、脳や心臓の血管をふさいでしまうと脳梗塞・心筋梗塞に発展していきます。
どちらも発症してすぐに対処をしなくては死に至りますし、脳梗塞が発症すると身体機能異常などの後遺症が残ってしまうこともあるのです。
またその前段階として心臓の筋肉が過剰に発達してしまう心肥大や、体に蓄積される老廃物の除去が十分にできなくなる高血圧性腎障害なども確認しておくべきでしょう。
どういったケースであれ高血圧を放置するということはこれらの重大な大病を引き起こすリスクになり得るわけですし、ほとんどの場合、危険水準まで上がってしまった血圧を戻すのには大変な苦労が必要になります。
もし健康診断などで血圧が高いと指摘されたのであれば、その日から治療を始めた方が最終的にはお得なのです。

高血圧症の治療方法と食事について

高血圧を引き起こす原因としては、ストレスと食事の二大要素が大きく影響しています。
ストレスは、血管を収縮させて圧力を高めるので、結果的に高血圧に変わり血管に負担を与えます。
特に脳の血管は、細くて繊細な特徴を持っているので、高血圧が続く生活を行えば重大な問題に発展する事があります。
軽微なストレスであれば、食事のバランスを無視した暴飲暴食を行ったり、好みの食べ物を贅沢する事で解決出来ます。
しかし、偏った食事が度々起こる状況は、脂肪や糖分が高血圧を悪化させる原因に変わります。
チョコレートやアイスといった甘い食べ物は、ストレスを解決する方法として選ばれる事があります。
一日に限られた量であれば問題ありませんが、既に体が肥満体であったり、ストレスを無理に耐えていれば、少量の糖分摂取でも高血圧の症状は悪化しかねません。
高血圧を改善する為には、食事を見直す事が基本で、肥満の予防や改善を行ったり、ストレスとの付き合い方を学ぶ事が効果的です。
食事療法としては、高血圧に繋がる暴飲暴食を避けたり、甘い物の摂取量を制限する事が必要になります。
また、我慢が多い食事は新たなストレスになりますが、この問題とも上手く付き合う方法を知る事は大切です。
甘い食べ物はストレスを軽減しますが、噛みごたえがある食事も咀嚼がストレスを減らしたり、脳に血液を送って思考を活性化させる事が出来ます。
高血圧に悩む人は、ストレスで思考が停止気味になっていたり、ネガティブな考え方が頭の中を支配しています。
薬や生活習慣は、この症状を改善する効果的な方法ですが、食事を中心として体を作る食べ物を見直したり、ストレスと向き合える生活を実現する事が治療の基本になります。
■降圧剤はまとめ買いがお得です
コバシル
■高血圧を正常にさせるお薬です
プロプラノロール